シュノーケリングとダイビングについて

固定ページ

ダイビングはシュノーケリングを行う浅瀬よりもずっと深い場所に潜る事で、違った海の一面を見ることができます。

沖縄での体験イベントとして人気が高いのがダイビングです。美しい海の生物を間近で観察する事が出来ます。沖縄には人気のダイビングスポットがあり、多くの観光客が訪れています。水中に潜る手段として、ダイビングが一番に頭に浮かぶと思いますが、そのほかにもシュノーケリングという方法もあります。

・シュノーケリングとダイビングの違いは
シュノーケリングは浅瀬で行われます。必要な器材は水中マスクとシュノーケル、フィンの3点です。必要に応じてウェットスーツやグローブなどを身に付けます。シュノーケリングは筒状のシュノーケルを口に加え、先を水面に出す事で空気を取り込みます。水中から目を離さずに呼吸をするための道具です。ダイビングに比べると簡易な装備で行う事が出来ます。ダイビングをする前にシュノーケリングを楽しむ人も多くいます。ただ、シュノーケリングでは水が入ってしまうことが多々あるので、それを嫌がる人もいます。

ダイビングはシュノーケリングに比べると多くの装備が必要になります。背中に酸素の入ったタンクを背負い、レギュレーターから空気を取り込みます。水上から空気を取り込む必要がないので深い場所に長時間潜る事が可能になります。また、係争では海の中に潜れないのでダイビングではウェットスーツが必須です。その他にも多くの装備が必要になります。

・シュノーケリングとは違った世界が見れるダイビング
ダイビングはシュノーケリングを行う浅瀬よりもずっと深い場所に潜る事で、違った海の一面を見ることができます。シュノーケリングとは違った世界を楽しむ事が出来るのです。ただし、ダイビングを行うためにはダイビングライセンスを持っていなければなりません。ダイビングライセンスを取得することで安心して水中世界を楽しむ事が出来ます。