サンドトライアングルで癒しのダイビング

固定ページ

多くのダイバー達の間でも人気の高いスポットが、多く点在すると言われる慶良間諸島。晴れた日には泳ぐ自分自身の影がはっきりと映るほど、本当に幻想的な美しさです。

儀志布島と渡嘉敷島の間のポイントは、砂地が沖へ向かって三角形に広がることから、サンドトライアングルと名付けられています。サンドトライアングルは、サンゴの根の間には真っ白な砂地が広がり、晴れた日には泳ぐ自分自身の影がはっきりと映るほど、本当に幻想的な美しさです。

・熱帯魚やカラフルな魚たちが
サンゴの根には、熱帯のカラフルな魚たちや、日本で見られる全6種類中、クマノミ、ハマクマノミ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、カクレクマノミの5種類を見ることができます。

透明な水と、眩しい白い砂の世界で、ダイビングするとその世界に癒されます。多くのダイバー達の間でも人気の高いスポットが、多く点在すると言われる慶良間諸島でダイビング体験をしてみませんか?真っ白な砂がどこまでも続く海底とのコントラストが、たまらなく美しいポイントです。見たこともない光景に心も目も奪われることでしょう。

・ウミガメと一緒に
のんびりと優雅に漂いながら、できるだけ長く潜りたい人にも、お勧めのポイントです。何より、ウミガメとの遭遇率が高いポイントとしても知られているので、ダイビングしていると偶然ウミガメと一緒になって泳ぐ、なんて事も出来るかもしれません。ダイバーの動きに合わせて泳いでくれるウミガメも、居るそうです。

輝く白い砂浜が広がる海底に、泳ぐ自分の姿を影として見ることが出来るなど、映画やテレビで見たような光景が広がります。今人気の”ニモ”の愛称で知られるカクレクマノミを始めとする、様々な熱帯魚達も目前に見ることができるので感動するでしょう。現代社会で疲れた心や体を癒すにはサンドトライアングルは大変魅力的です。海中世界の魅力を落ち着いて堪能できる場所としておススメです。