ダイビングには耳抜きが必要

固定ページ

耳抜きが出来ない原因の多くは緊張のために上手にできないのです。自分のやりやすい耳抜きのコツを見つけてダイビングでの耳抜きをしましょう。

ダイビングで水中深くに潜ると耳鳴りのように耳の奥で「キーン」という音が響きます。これは急に高いところに行ったときに耳が痛くなる経験とよく似ています。気圧・水圧の変化により、鼓膜が圧迫されているのが原因です。ダイビングではこの耳抜きをしないまま水中深く潜ってしまうと鼓膜に負荷がかかります。負担がかかり過ぎてひどい場合には中耳炎になってしまう恐れがあるのです。そのためにもダイビングでは耳抜きは必須です。

・耳抜きを上手にしよう
ダイビングでは耳抜きは必須ですが、耳抜きがうまく出来ないという方も少なくありません。耳抜きが出来ない原因の多くは緊張のために上手にできないのです。自分のやりやすい耳抜きのコツを見つけてダイビングでの耳抜きをしましょう。

・耳抜きのコツ
耳抜きをするためには鼻をつまんで耳に空気を送る方法が広く知られています。しっかりと鼻をつまんでおかないと、鼻から空気が抜けてうまく耳に空気を送り込めません。勢いをつけすぎるのもダメです。勢い良く空気を送ると耳が傷ついてしまうので、ゆっくり行いましょう。鼻をつまんだ状態で顎を左右に動かすと耳の空間に空気が送り込まれます。
ダイビングをする前に、ガムを噛むなどして顎を動かし、唾を飲み込む動作をしておくと、耳抜きがしやすくなります。

唾を飲み込むと耳管が動き、空気が入りますので耳への負担が少なく、安全に耳抜きをする事が可能です。ダイビングベテランになると唾を飲み込むだけで耳抜きを行えますが、初心者ダイビングの場合はちょっと難しいでしょう。ただし、ダイビングを頻繁に行うのであれば、鼻をつまむ動作を省けると時間の短縮につながります。体が覚えておくと便利です。