慶良間でダイビング体験

固定ページ

透明度が高い海が多い沖縄ですが、その中でも、慶良間の美しさは群を抜いています。ダイビングライセンスを持つファンダイバーはもちろん、マリンレジャー初心者でも、インストラクターと一緒に満喫する事ができます。

慶良間諸島は、沖縄本島の那覇市から西に40kmの海上に点在する、大小20あまりの島々。世界屈指の透明度を誇るその海は、”ケラマブルー”と称されるほど美しく、2014年3月5日に31番目の”国立公園”に指定された話題のエリアです。

・慶良間諸島で魚を観察
慶良間諸島では季節を問わず、ウミガメを見ることができます。慶良間では「アカウミガメ」「アオウミガメ」「タイマイ」の3種類のウミガメが観察できます。

オニイトマキエイ、通称「マンタ」と呼ばれる巨大なエイを見ることができます。季節は夏~秋にかけてが一般的です。慶良間で良く見れるサメは、ネムリブカと呼ばれるおとなしいサメ。また年に一度程度、世界最大の魚類「ジンベエザメ」の目撃例も報告されています。映画ファインディングニモで一世を風靡した「クマノミ」。日本では6種類のクマノミが見れますが、その全てを慶良間諸島に生息しています。ダイビングライセンスを持つファンダイバーはもちろん、マリンレジャー初心者でも、インストラクターと一緒に”ケラマブルー”を満喫する事ができます。

・慶良間の魅力
真っ白な砂浜が続く、美しいビーチでの海水浴も人気が高い慶良間。慶良間にはビーチから歩いて行ける距離に、多種多様のサンゴが密集しており、その数は約250種。日本のサンゴの約6割が慶良間諸島に生息していると言われています。また様々な地形ポイントがあります。洞窟やトンネル、アーチなど、真夏の12時には真上からの太陽がスポットライトのように照らし出します。幻想的なダイビングを楽しむことができるでしょう。透明度が高い海が多い沖縄ですが、その中でも、慶良間の美しさは群を抜いています。一生に一度は訪れて欲しい海の1つです。