ダイビングには必要な機材があります

固定ページ

ダイビングには多くのアクセサリ、器材があります。安全に楽しむためには必要なものをきちんと揃えましょう。
沖縄県には有数のダイビングスポット、があります、体験ダイビングツアーもあるのでダイビング初心者でも。安心して楽しめます。体験ダイビングでは、器材が必要です。安全なダイビングを行うためにも器材は自分に合ったものを選びましょう。

・ダイビングン必要なウエットスーツ
ダイビングは水着ではなく、ウェットスーツを身に付けます。水中深く潜ると水温はとても低くなります。体温を守るため、また怪我を防止するためにもウェットスーツは必要不可欠です。体にフィットしたものでないと水が出入りし体温を奪ってしまうので、自分の体にフィットしたものを探しましょう。

水中での視野を良好にするためにマスクが必要です。使用するマスクは、サイズが大きいと水が入ってくる事もあります。水中で突然水が入ってくるとパニックに陥るケースもあり、非常に危険です。視力の悪い人は度付きのマスクもります。視力の悪い方でも水中の綺麗な世界を見逃す心配はありません。

・背中にはタンクを背負います
足にはフィンを装着します。口にはシュノーケルをつけます。排水弁付きシュノーケルは中に水が入ってきても楽に排水する事が出来るので、初心者にオススメです。背中にはタンクを背負います。タンクの中には空気が入っています。これを背中に背負って水中に潜ります。タンクの中に空気がなくなると呼吸が出来なくなり危険です。レギュレーターから供給され、口に加える事で空気を取り込みます。タンクに空気があってもレギュレーターに不備があると空気が供給されないので、きちんと機能しているかを確認しましょう。他にもダイビングには多くのアクセサリ、器材があります。安全に楽しむためには必要なものをきちんと揃えましょう。